AIDCA(アイドカ)の法則とは【WEBマーケティング用語集】

AIDCA(アイドカ)の法則とは


WEB担当者、集客、販促担当者のためのマーケティング資料 無料ダウンロード

WEBマーケティング+

AIDCA(アイドカ)の法則とは

 

AIDCA(アイドカ)の法則とは

 

見込み客が商品・サービスなどを購入・利用するに至るまでの心理の動きをあらわした法則です。

 

まず「Attention(注意)」があり、次に「Interest(関心)」、そして「Desire(欲求)」し、買ってもいいなと「Conviction(確信)」し、「Action(行動)」します。

 

ダイレクトマーケティングの分野では、見込み客に購入に「確信」を強くもたせること重要なため、AIDCAの法則にそってWebサイト等が構成されます。

 

AIDCA(アイドカ)の法則とは【WEBマーケティング用語集】関連ページ

AIDESS(アイデス)の法則とは
AIDESS(アイデス)の法則とは【WEBマーケティング用語集】AIDESSは、商品(サービス)を買うだけでなく、その商品(サービス)ファンになった顧客が自分の体験(実感・感想など)を掲示板やブログ、ツイッタ-などにUPし、他人に推奨するところまでを組み入れたマーケティング理論
AIDMA(アイドマ)の法則
AIDMA(アイドマ)の法則とは【WEBマーケティング用語集】ある商品やサービスを知り、購入(契約)に至るまでの消費者の心理的プロセス(法則)のこと。AIDMAは「Attention(注目)」「Interest(興味)」「Desire (欲求)」「Memory (記憶)」「Action (行動)」
AISAS(アイサス)理論とは
AISAS(アイサス)理論とは【WEBマーケティング用語集】eコマースなどにおける消費者のショッピング行動は「Attention(注意)」「Interest(関心)」「Search(検索)」「Action(行動)」「 Share(共有)」の心理プロセスを経て行われているとされています。
AISCEAS(アイシーズ)の法則とは
AISCEAS(アイシーズ)の法則とは【WEBマーケティング用語集】eコマースなどにおける消費者のショッピング行動は「Attention(注意)」「Interest(関心)」「Search(検索)」「Action(行動)」「 Share(共有)」の心理プロセスを経て行われているとされています。
A/Bテストとは
A/Bテストとは【WEBマーケティング用語集】A/Bテストとは、サイト利用者の反応を調べるテストで、複数パターンの画像素材や説明文素材を準備しておき、それらを入れ替えたWebサイトやバナー広告などを並列で公開すること。クリック数やコンバージョン率などを調べて素材の優劣を決定します。

ホーム RSS購読 サイトマップ